MENU

北さつま農業協同組合オフィシャルサイト

北さつま農業協同組合(JA北さつま)

  • ホーム
  • JA北さつまからのお知らせ

JA北さつまからのお知らせ [ 467件 ]

豊作願い葉タバコ種まき 伊佐国分葉たばこ振興会など

伊佐国分葉たばこ振興会と薩摩地区葉たばこ振興会は1月21日、伊佐市のJA北さつま大口育苗センターで葉タバコ播種式を開きました。耕作農家やJA、行政関係者ら36人が参加し、1700箱の苗床に豊作を願いながら丁寧に種をまきま…続きを読む

 

平均82万2259円 薩摩中央家畜市場で子牛初せり

鹿児島県本土の先陣を切って、さつま町の薩摩中央家畜市場で1月14、15日に子牛初せり市が開かれました。1頭当たりの平均価格は82万2259円。枝肉相場の落ち込みが影響し、前回(昨年12月)より1万3487円安でした。2日…続きを読む

 

五穀豊穣願いメノモチ作り 伊佐市大口の内田さん

伊佐市大口原田の農業、内田一さん(88)方で1月11日、五穀豊穣を願うメノモチ作りが行われました。ひ孫を含めた親子4世代が早朝から作業を進め、1日がかりで作り上げました。内田さんは「立派なメノモチができた。昨年の稲作はウ…続きを読む

 

園児が大的狙い矢を放つ 新田神社で武射祭

薩摩川内市の新田神社で1月7日、新年の五穀豊穣と無病息災を願う武射祭が行われました。600年の歴史がある伝統行事。みくに幼稚園の年長児25人が直径1・5㍍の大的を狙い、弓を引いて矢を放ちました。園児は男女2組に分かれて並…続きを読む

 

さつま新ごぼうの出荷始まる JA北さつまごぼう部会

薩摩川内市のJA北さつま矢倉選果場で、「さつま新ごぼう」の出荷が始まりました。今年度産は生育も順調で品質も良く、2Lサイズが中心となっいています。JAでは昨年、産地の強化を図り有利販売につなげようと、管内3地区のごぼう部…続きを読む

 

No.118 JA北さつま広報誌『くろーばー』2020年 1月号をアップしました。

 No.118 JA北さつま広報誌『くろーばー』2020年 1月号(6.8MB) 特集:お正月の作法 広報誌「くろーばー」はPDF形式で公開しておりますので、ご覧いただくにはアドビシステムズ社の 「A…続きを読む

 

JA北さつま第1回スポーツフェス「絆」で団結力高める

JA北さつまは合併10年目を迎え、職員間の親ぼくと融和を深め、さらなる団結力を高めようと、第1回スポーツフェス「絆」を12月14日、さつま町の宮之城総合体育館で開きました。役職員360人が4色32チームに分かれ、色別とチ…続きを読む

 

優秀農林業家を表彰 さつま町農林業振興大会

第3回さつま町農林業振興大会が12月15日、薩摩農村環境改善センターでありました。農業者の高齢化や農家数減少など、農林業を取り巻く情勢が厳しさを増す中、生産意欲を喚起し農林業の振興を図るのが目的。大会は3年ごとに開かれて…続きを読む

 

設立50周年記念式典を開催 中津川採種生産組合

半世紀にわたり県内の普通期水稲種もみを生産・供給している、さつま町の中津川採種生産組合は12月6日、薩摩農村環境改善センターで設立50周年記念式典を開きました。同組合は県の指定を受け、昭和45年に設立されました。全国的に…続きを読む

 

目揃え会で選果選別の徹底確認 さつま金柑専門部会

JA北さつまのさつま金柑専門部会は12月6日、さつま町で目揃え会を開きました。本格的な出荷を前に、早取り防止や選果選別の徹底を確認しました。同部会は22人で栽培面積4.8㌶。ハーブの抽出液とペレット状の肥料を定期的に土壌…続きを読む

 

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 47

ページTOPへ戻る