MENU

北さつま農業協同組合オフィシャルサイト

北さつま農業協同組合(JA北さつま)

  • ホーム
  • JA北さつまからのお知らせ

JA北さつまからのお知らせ [ 297件 ]

子牛平均価格の最高値更新 薩摩中央家畜市場

JA北さつまの薩摩中央家畜市場で3月14、15日の2日間、子牛せり市がありました。1頭当たりの平均価格は前回(2月)より3万6227円高の92万2874円で、同市場の平均価格最高値を更新しました。せりには530頭が上場さ…続きを読む

 

被害発生予察による捕獲活動強化 伊佐市有害鳥獣対策協議会

伊佐市有害鳥獣対策協議会が3月7日、伊佐市役所でありました。市やJA、森林組合、猟友会、鳥獣保護員ら21人が出席。狩猟免許初心者講習会への助成など、2019年度鳥獣被害防止総合対策事業計画を決めました。個体数の増加や生息…続きを読む

 

No.108 JA北さつま広報誌『くろーばー』2019年 3月号をアップしました。

 No.108 JA北さつま広報誌『くろーばー』2019年 3月号(9.0MB) 特集:農業を続けるための災害対策 広報誌「くろーばー」はPDF形式で公開しておりますので、ご覧いただくにはアドビシステ…続きを読む

 

3家族が協定結ぶ さつま町家族経営協定調印式

さつま町家族経営協定調印式が2月28日、県さつま庁舎でありました。魅力的な農業経営を目指し、経営方針や役割分担、働きやすい就業環境などを家族間で話し合って決めるものです。3組の認定農家が新規、見直しで協定を結びました。甫…続きを読む

 

臥龍梅咲き誇る 薩摩川内市東郷町の藤川天神

薩摩川内市東郷町の藤川天神で、国の天然記念物に指定されている「臥龍梅」が咲き誇り、県内各地から訪れた花見客を魅了しました。木の形が地をはう龍に見えることから、その名が付きました。薄桃色の花を咲かせ、甘酸っぱい香りを漂わせ…続きを読む

 

早﨑さんが最優秀賞 川薩地域早掘りたけのこ品評会

川薩地域早掘りたけのこ品評会が3月4日、薩摩川内市東郷支所でありました。34点が出品され、最優秀賞に同市祁答院町の早﨑忠さん(63)が選ばれました。品評会ではタケノコの形状や皮、えぼし、切り口、商品性の5項目を審査し、最…続きを読む

 

【子牛市場ランキング速報】子牛取引価格で薩摩中央家畜市場は全国3位

日本農業新聞は、農畜産業振興機構の「肉用子牛取引情勢」を基に全国102市場の取引頭数と価格を集計し、2018年の全国の子牛市場取引実績をランキング形式でまとめました。▼2月19、20日掲載JA北さつまが運営する薩摩中央家…続きを読む

 

91歳の道川内さん 牛が大好きだから生涯現役

「牛が大好き」と語るのは伊佐市大口白木で、生産牛11頭と子牛9頭を飼養する道川内ミツ子さん(91)。毎朝6時に起床し、家事を済ませてから牛の世話をするのが日課です。「牛と一緒にいるときが一番の幸せ。100歳になっても牛の…続きを読む

 

最優秀賞に花田さんの「いちごサラダ」 さつませんだい農産物の味料理コンクール

「第2回さつませんだい農産物の味」料理コンクールが2月16日、薩摩川内市保健センターでありました。今回の食材はイチゴ。32点の応募があり、書類審査を通過した12点で最終審査が行われ、最優秀賞に鹿児島純心女子大1年、花田彩…続きを読む

 

農林業後継者8人を激励 伊佐農林高校で励ましの会

伊佐市農林業後継者育成協議会は2月14日、伊佐農林高校で農林業後継者励ましの会を開きました。行政やJA、森林組合など農林業関係者が多数出席し、将来の担い手として期待される8人を励ましました。同校では鹿児島県立農業大学校に…続きを読む

 

1 2 3 4 5 30

ページTOPへ戻る