MENU

北さつま農業協同組合オフィシャルサイト

北さつま農業協同組合(JA北さつま)

  • ホーム
  • JA北さつまからのお知らせ

JA北さつまからのお知らせ [ 431件 ]

摘花作業大忙し 伊佐市の浜田梨園

伊佐市大口山野の浜田梨園で梨の花が咲き誇り、山肌を純白に染めています。開花が始まってから園主の中村真さん(65)は、着果調整のため摘花作業に追われています。80㌃の農園で「幸水」「豊水」「新高」など7品種約200本を栽培…続きを読む

 

薩摩川内市農作業サポート人材バンクがスタート

薩摩川内市は4月1日、農家の労働力確保に向けた取り組みを支援するため、農業者(求人者)と市民(求職者)との雇用・あっ旋を行う「薩摩川内市農作業サポート人材バンク」をスタートさせました。鹿児島県内の自治体では初の取り組み。…続きを読む

 

No.121 JA北さつま広報誌『くろーばー』2020年 4月号をアップしました。

 No.121 JA北さつま広報誌『くろーばー』2020年 4月号(9.0MB) 特集:山菜入門 安全に採取、おいしく味わうための六カ条 広報誌「くろーばー」はPDF形式で公開しておりますの…続きを読む

 

希望に胸膨らませ6人が仲間入り JA北さつま入組式

JA北さつまの入組式が4月1日、JA本所でありました。新採用職員6人が希望に胸を膨らませ、社会人としての第一歩を踏み出しました。春田和則組合長は「責任と自覚を持って職務に取り組み、地域農業の発展に貢献してもらいたい」と激…続きを読む

 

県内初のモンキードッグ誕生 さつま町鳥獣被害防止対策協議会が認定試験実施

農作物被害対策として猿を追い払う「モンキードッグ」の認定試験が3月26日、県内で初めて、さつま町の薩摩総合運動公園グラウンドで行われました。訓練を重ねた6頭が挑み、全頭が合格しました。指導した嘱託警察犬訓練士の村上和喜さ…続きを読む

 

第36回春期JA農業機械大展示会開催延期のお知らせ

4月17~18日に薩摩中央家畜市場で開催予定の「第36回春期JA農業機械大展示会」は、新型コロナウイルス感染拡大のため延期となりました。日程が決まりましたらお知らせいたします。  

 

伊佐市が博多大丸「九州探検隊」をアンバサダー認定

伊佐市は3月19日、福岡市で百貨店を運営する㈱博多大丸の「九州探検隊プロジェクト」を、情報発信アンバサダーに認定しました。調印式で万田高史取締役は「自然豊かで焼酎や米などたくさんの特産品がある伊佐市の魅力を全国に発信して…続きを読む

 

伊佐米贈りカヌー女子日本代表候補を激励 伊佐市

伊佐市は3月19日、東京オリンピック出場を目指し、同市で強化合宿を行っているカヌー女子日本代表候補選手に、特産の「伊佐米」80㌔を贈りました。隈元新市長は「自分たちの力をピークまで上げてもらいたい」と激励しました。合宿に…続きを読む

 

大野さんが最優秀賞 川薩地域早掘りたけのこ品評会

川薩地域早掘りたけのこ品評会が2月27日、北薩地域振興局さつま庁舎でありました。24点が出品され、最優秀賞にさつま町久富木の大野和博さん(71)が選ばれました。生産者の出荷技術向上と均一化を図ることを目的に、川薩地域早掘…続きを読む

 

新契約目標の早期達成を JA北さつま共済進発式

JA北さつま共済進発式が3月3日、JA本所であり、役職員50人が参加しました。令和2年度共済事業活動が説明され、新契約目標の早期達成を目指し「頑張ろう」と気勢を上げました。春田和則組合長は「新型コロナウイルスの感染拡大で…続きを読む

 

1 2 3 4 5 44

ページTOPへ戻る