MENU

北さつま農業協同組合オフィシャルサイト

北さつま農業協同組合(JA北さつま)

  • ホーム
  • JA北さつまからのお知らせ

JA北さつまからのお知らせ [ 667件 ]

新規就農者12人を激励 川薩地区指導農業士会など

 川薩地区指導農業士会と北薩地域農政推進協議会は7月5日、さつま町で新規就農者を励ます会を開きました。平成28年度の新規就農者は薩摩川内市6人、さつま町6人の計12人。野菜や果樹、畜産などに取り組みます。  新規就農者が…続きを読む

 

7月子牛せり市開催のご案内

 薩摩中央家畜市場で7月14日~15日まで子牛せり市を開催します。 ■せり開始 午前9時30分より ■上場予定頭数 計583頭  7月14日(木) 290頭(去勢164頭、雌126頭)  7月15日(金) 293頭(去勢…続きを読む

 

曽於地区の山下さんが優勝 第30回鹿児島県牛削蹄競技大会

 第30回鹿児島県牛削蹄競技大会が7月5日、さつま町の前野畜産でありました。県内から30人が出場し、曽於地区の山下伸朗さん(51)が優勝しました。上位8人が、9月に霧島市の姶良中央家畜市場で開かれる九州大会への出場権を獲…続きを読む

 

No.76 JA北さつま広報誌『くろーばー』2016年 7月号をアップしました。

 No.76 JA北さつま広報誌『くろーばー』2016年 7月号 特集:夏休み自由研究 ペットボトル顕微鏡を作ろう 広報誌「くろーばー」はPDF形式で公開しておりますので、ご覧いただくにはアドビシステ…続きを読む

 

パッションフルーツ収穫最盛 さつま町のみつこ農園

 さつま町広瀬の「みつこ農園」で、パッションフルーツの収穫が最盛期を迎えています。さわやかな甘酸っぱさが魅力で、贈答用としても人気が高まっています。収穫は7月下旬まで続きます。  同園ではハウス10aで栽培しています。今…続きを読む

 

伊佐市でお米を作って食べようスクール

 お米を作って食べようスクール(田植え編)が6月25日、伊佐市大口平出水でありました。鹿児島市内から約40人の親子連れが参加し、泥んこになって手植えと機械植えを楽しみました。  米作りから食べ方までを学ぶ体験型教室で、J…続きを読む

 

大口東小学校でバケツ稲づくり

 伊佐市の大口東小学校で6月11日、バケツ稲づくりが始まりました。4年生12人がそれぞれの家庭で育てることになっており、10月に品評会とおにぎり作りを行います。  次代を担う子どもたちに、稲作を通じて農業を身近に感じても…続きを読む

 

菱刈小学校4年生が昔ながらの田植え体験

 伊佐市の菱刈小学校4年生11人が6月11日、学校近くの水田で昔ながらの田植えを体験しました。  総合的な学習の一環で、米作りに挑戦します。今回は親子ふれあい活動を兼ねて行われ、JA北さつまの職員が苗の植え方を指導しまし…続きを読む

 

売上上位者の表彰も 宮之城ちくりん館出荷者協議会総会

 JA北さつま農産物直売所「宮之城ちくりん館」の出荷者協議会総会が6月9日、さつま町のJA本所でありました。平成27年度売上実績上位者として、農林畜産物部門で小山政人さんと栗屋野テル子さん、加工品・総菜部門で下野よし子さ…続きを読む

 

若手生産者らが新茶PR 薩摩川内市

 薩摩川内市で茶の生産に取り組む若手グループ「一芯五葉会」と女性部会「茶楽」は、6月4、5日に開かれたJA北さつま川内地区生活総合展示会で、新茶のPRと試飲販売を行いました。  一番茶は1月の大雪の影響で収量が少なく例年…続きを読む

 

1 56 57 58 59 60 61 62 63 64 67

ページTOPへ戻る