MENU

北さつま農業協同組合オフィシャルサイト

北さつま農業協同組合(JA北さつま)

  • ホーム
  • JA北さつまからのお知らせ

JA北さつまからのお知らせ [ 958件 ]

JAに新茶をプレゼント さつま町茶生産協会

さつま町茶生産協会は5月22日、茶産地のPRと地産地消への理解を深めてもらおうと、JA北さつまに新茶4㌔を贈りました。会員22人が一番茶を提供し合ってPR用の茶を仕上げました。贈呈式で領家昭一会長は「さつま町産のPRをお…続きを読む

 

働き方改革でノー残業デーなどを導入 JA北さつま

JA北さつまは働き方改革として、記念日(アニバーサリー)休暇とJA貢献賞、ノー残業デー(ファミリーサービス)を導入しました。働きやすい魅力ある職場の実現をめざし、新たな休暇制度などを設け、仕事と生活の両立(ワーク・ライフ…続きを読む

 

梅酒「Sweet Plum」 軸屋酒造がさつま町特産品とのコラボ商品開発

さつま町の軸屋酒造㈱は、同町産の南高梅を芋焼酎に漬け込み、仕上げに緑茶をブレンドした梅酒「Sweet Plum」を発売しました。5月10日に試飲会があり、参加者は「すっきりとした味わいでおいしい」と絶賛。新酒の味を堪能し…続きを読む

 

「北さつま茶」500mlペットボトルを新発売

JA北さつまは、管内で栽培された茶葉を使った清涼飲料「北さつま茶」を500mlペットボトルにサイズを変更し、販売を始めました。価格は1ケース(24本入り)2500円。JA北さつまの本所・支所で販売しています。需要の多い夏…続きを読む

 

甘くておいしいマンゴー さつま町で収穫祭

JA北さつまマンゴー部会は5月9日、さつま町広瀬のみつこ農園で平成30年産マンゴー収穫祭を開きました。今年産は秋口から初冬にかけて気温が高く暖かい日が続いたため、開花にばらつきがあり着果量が少ない状況で、生育も昨年より3…続きを読む

 

No.98 JA北さつま広報誌『くろーばー』2018年 5月号をアップしました。

 No.98 JA北さつま広報誌『くろーばー』2018年 5月号(6.0MB) 特集:心と体を元気に! ストレスフリーの生活習慣 広報誌「くろーばー」はPDF形式で公開しておりますので、ご覧…続きを読む

 

グランドチャンピオンに馬門さん 伊佐市春季畜産共進会

伊佐市春季畜産共進会が4月20日、JA北さつまの旧伊佐家畜市場でありました。若雌1部で最優秀賞1席に選ばれた馬門孝幸さんの「あきひさ」が、グランドチャンピオンに輝きました。38頭が出品され、若雌1~2部で審査が行われまし…続きを読む

 

全日本男子バレーボールチームに特産品を贈り激励

薩摩川内市で合宿中の全日本男子バレーボールチームの激励式が4月22日、サンアリーナせんだいでありました。市や県、JA北さつまでは鹿児島黒牛や黒豚、イチゴ、焼酎などの特産品を贈り、選手らを激励しました。合宿は14日から28…続きを読む

 

一番茶の収穫がピーク迎える

JA北さつま管内のさつま町で、一番茶の収穫がピークを迎えています。鮮やかな新緑が広がる茶畑で、生産者は乗用型摘採機で次々に新芽を摘み取っていました。今年は3~4月上旬の気温が高く芽伸びが促進され、昨年よりも12日早い摘採…続きを読む

 

1万株のスズラン咲き誇る 伊佐市大口白木の富ケ丘地区

伊佐市大口白木の富ケ丘地区で、1万株のスズランが咲き誇り、初夏の訪れを告げています。県内では珍しい群生地で、連日多くの見物人が訪れ鑑賞を楽しんでいます。同地区の住民が旧満州で見たスズランの丘を忘れられず、長野県から苗を取…続きを読む

 

1 72 73 74 75 76 77 78 79 80 96

ページTOPへ戻る