MENU

北さつま農業協同組合オフィシャルサイト

北さつま農業協同組合(JA北さつま)

  • ホーム
  • JA北さつまからのお知らせ

JA北さつまからのお知らせ [ 288件 ]

鍛治屋さん2連覇に向け決意新た おいしい米日本一受賞記念祝賀会

昨年12月に山形県で開かれた「第12回あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト」プレミアム部門で最優秀金賞を獲得したさつま町船木の水稲農家、鍛治屋公貴さん(46)の受賞記念祝賀会が1月17日、同町であり、JAや行政関係者ら…続きを読む

 

平均89万円の高値発進 薩摩中央家畜市場子牛初せり市

JA北さつまの薩摩中央家畜市場で1月14、15日の両日、県本土で先陣を切り子牛初せり市が開かれました。1頭当たりの平均価格は89万3337円で、前回(12月)より7486円高。前年同月を6829円下回りましたが高値でのス…続きを読む

 

メノモチ飾り豊作願う 伊佐市大口の内田さん

五穀豊穣を願う小正月の伝統的な飾りメノモチ作りが、伊佐市大口原田の農業、内田一さん(86)方で行われました。家族13人で1日がかりで作り上げ、床の間を華やかに彩りました。同市では昨年、硫黄山噴火の影響で川内川から取水する…続きを読む

 

さつま新ごぼうの出荷始まる JA北さつま矢倉選果場

薩摩川内市のJA北さつま矢倉選果場で、さつま新ごぼうの出荷が始まりました。同市では重点品目に指定され、栽培が盛んに行われています。今年度産は台風の影響が心配されましたが、生育は順調で、例年より大きく2Lサイズが中心となっ…続きを読む

 

園児らが五穀豊穣願い矢を放つ 薩摩川内市の新田神社で武射祭

薩摩川内市の新田神社で1月7日、600年の歴史がある伝統行事「武射祭」が行われました。近くの幼稚園児29人が、新年の五穀豊穣と無病息災を願い、直径1.5㍍の的を狙って弓を引き矢を放ちました。本殿で神事を終えた後、320段…続きを読む

 

現代の名工に德利さん JA北さつま女性部も仲間の受賞を祝福

厚生労働省が卓越した技術者を表彰する「現代の名工」に、薩摩川内市樋脇町の和服仕立職、德利孝子さん(88)が選ばれました。德利さんはJA北さつま女性部樋脇支部のメンバー。JA女性部の仲間が「名工」に選ばれ、宮元泰子支部長ら…続きを読む

 

校歌歌合戦は薩摩中がV8 さつま町成人式

さつま町成人式が1月4日、鶴田中央公民館でありました。同町の新成人は255人で、華やかな振り袖や真新しいスーツに身を包んだ新成人が式典に参加しました。オープニングでは中学対抗「校歌」歌合戦があり、町内4中学校の卒業生が声…続きを読む

 

No.106 JA北さつま広報誌『くろーばー』2019年 1月号をアップしました。

 No.106 JA北さつま広報誌『くろーばー』2019年 1月号(9.4MB) 特集:以外と知らない? 本当のだしの話 広報誌「くろーばー」はPDF形式で公開しておりますので、ご覧いただく…続きを読む

 

青壮年部とJA役職員が意見交換

JA北さつま青壮年部は12月7日、さつま町のJA本所で、JA役職員と意見交換会を開きました。若手農家の声をJA事業に反映させるのが目的。さつま、伊佐地区両青壮年部の役員ら16人が出席しました。JAでは自己改革の取り組みや…続きを読む

 

選果選別の徹底を確認 さつま金柑専門部会が目揃え会

JA北さつまのさつま金柑専門部会は12月7日、ハウスキンカンの本格的な出荷を前に、さつま町で目揃え会を開きました。生産者が集まり、早取り防止や選果選別の徹底に努めることを確認しました。同部会は22人で栽培面積は4.8㌶。…続きを読む

 

1 2 3 4 5 6 29

ページTOPへ戻る