MENU

北さつま農業協同組合オフィシャルサイト

北さつま農業協同組合(JA北さつま)

  • ホーム
  • JA北さつまからのお知らせ

JA北さつまからのお知らせ [ 592件 ]

宝石箱のようなプチパックが人気 伊佐市の下小薗ぶどう園

伊佐市大口山野の下小薗ぶどう園で販売するプチパックが人気です。1袋に6品種の粒が40~50個(約550㌘)入り、価格は500円。緑、赤、紫など彩りも豊かで、まるで宝石箱のような輝きです。プチパック目当てで訪れる親子連れも…続きを読む

 

JA北さつま矢倉配送センター職員の新型コロナウイルス感染について

9月1日に、当JA矢倉配送センターに勤務する職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。これを受け、当JAでは感染拡大防止のため、保健所の指導の下、事務所内の消毒作業を完了いたしました。2日午後より…続きを読む

 

No.138 JA北さつま広報誌『くろーばー』2021年 9月号をアップしました。

 No.138 JA北さつま広報誌『くろーばー』2021年 9月号(8.6MB) 特集:天気予報で季節を感じよう 気象用語の風物詩 広報誌「くろーばー」はPDF形式で公開しておりますので、ご…続きを読む

 

JA北さつま川内営農センター職員の新型コロナウイルス感染について

8月27日に、当JA川内営農センターに勤務する職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。これを受け、当JAでは感染拡大防止のため、保健所の指導の下、事務所内の消毒作業を完了いたしました。当JAでは…続きを読む

 

JA北さつま樋脇支所職員の新型コロナウイルス感染について

8月26日までに、当JA樋脇支所に勤務する職員2名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。これを受け、当JAでは感染拡大防止のため、保健所の指導の下、事務所内の消毒作業を完了しましたが、27日は休業させ…続きを読む

 

JA北さつま 菱刈支所職員の新型コロナウイルス感染について

8月19日に、当JA菱刈支所に勤務する職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。これを受け、当JAでは感染拡大防止のため、保健所と連携し感染経路、並びに濃厚接触者の調査を行っております。既に事務所…続きを読む

 

目を輝かせ農業体験を満喫 薩摩中央高校で第2回あぐりキッズスクール

JA北さつまと薩摩中央高校、北薩地域振興局は8月5日、次世代を担う子どもたちに「食」や「農」に親しんでもらおうと、さつま町の薩摩中央高校で夏休み特別コラボ企画「第2回あぐりキッズスクール」を開きました。2〜11歳までの子…続きを読む

 

伊佐市の下小薗ぶどう園で地元の子供会が収穫体験

伊佐市大口山野の下小薗ぶどう園は8月3日、集落の子供会をブドウ狩りに招待しました。子どもたちは品種ごとの食べ比べも満喫。「甘くておいしい。やっぱり地元のブドウは最高」と笑顔で話しました。同園はハウス80㌃で主に巨峰、ピオ…続きを読む

 

No.137 JA北さつま広報誌『くろーばー』2021年 8月号をアップしました。

 No.137 JA北さつま広報誌『くろーばー』2021年 8月号(9.3MB) 特集:今さら聞けない!?ネット検索のキホン 広報誌「くろーばー」はPDF形式で公開しておりますので、ご覧いただくにはア…続きを読む

 

夏の定番ゴーヤー出荷 JA北さつま川内ゴーヤー部会

薩摩川内市特産で夏の定番野菜、ゴーヤーの出荷が行われています。今年は梅雨入りが早く着果量が少なかったですが、天候回復に伴い生育が進み収穫量も増えています。同市では1991年から、高齢者向け作物として栽培を始めました。JA…続きを読む

 

1 2 3 4 5 6 60

ページTOPへ戻る